アサーティブ 人間関係の仕方

100年時代の生産性資産「アサーティブ」3つのタイプ

更新日:

Photo by Bewakoof.com Official on Unsplash

ノン・アサーティブ、アグレッシブな自分を脱皮したい。
そのために勉強もするし、努力もするが、依然として、思うようにアサーティブになれない。

それには理由があります。
ノン・アサーティブ、アグレッシブな態度は、特定された「現象」にすぎないからです。
その現象を変えようとしても、原因にある問題を解決しない限り、アサーティブにはなれません。

私たちは、アサーティブを学べば自分が変わるという話に警鐘をならします。
なぜなら、アサーティブなスキルは、総合的なライフスキルの充足から生じるものだからです。

体力がないのに、サッカーの名手になりたい。サッカーのスキルをいくら学んでも、走れないようでは使い物になりません。

それと同じで、アサーティブなじぶんになるために、まず基本を作り直す。
時間がかかるように思えますが、それが一番早いのです。

それこそ100年時代のアサーションな活動です。
あなたの変化があなたの内側から起こるように、このサイトでは、全面的なサポートを展開しています。

ここでは、100年時代のアサーティブに関連して【3つのタイプ 】について説明しています。

100年時代のアサーティブ

アサーティブは重要な無形資産

100年時代には自分の腕一本で生きる知恵と勇気と学びと活力が必要です。

といってもひとりで生きるのではネットワーク作りが重要です。

ネットワークといっても、ただ繋がればいいのではなく、自在にポートフォリオできるスキルが必要なのです。

ポートフォリオ理論でお金もスキルもリスク分散!ライフシフトを楽しむ整理の手順

ネットワークとは裏返すと「分散」に他なりません。最高の力を引き出すために分散することです。
ネットワークなら、率直・誠実・対等・自己責任にバックアップされたアサーティブなコミュニケーションが重要になります。

もし、怒りの感情が、突然、吹き出すようなアグレッシブなコミュニケーションを繰り返す人なら、分散して目的を達成するようなネットワークは作れないので、ライフシフトできなくなります。

ライフシフトができない場合、あなたはどうなるでしょう?

貧困と孤独に苛まれる人生に転落していくだけです。

アサーティブなコミュニケーションができるスキル、それはかってない大きな影響力を持っています。

生産性資産という理由がそこにあります。

アサーティブ 3つのタイプ

100年時代のアサーティブ

Photo by Baylee Gramling on Unsplash

アサーティブに関する3つのタイプ

  • アサーティブ
  • アグレッシブ
  • ノンアサーティブ(パッシブ/受身的)アサーティブを語る上で重要な態度に3つのスタイルがあります。
    まず、アサーティブを実現する態度であるアサーティブがあり、その対極の態度に、アグレッシブ(攻撃的)とノン・アサーティブ(ノン・アサーティブ(パッシブ/受身的)/受身的)の2つがあります。

ポートフォリオするネットワークが作れる「アサーティブ」

アサーティブ

Photo by Carlos Quintero on Unsplash

アサーティブを実現するのはアサーティブです。
アサーティブな態度は、率直、誠実、対等、自己責任を基本にした態度です。
国の内外を問わず、民衆に支持された指導者の名言と共にそのモデルを発見できます。

アサーティブは、自分のことを大切に考えるが、同じように相手も大切にできる態度です。
自信を持って説得力のある心の豊かさを印象づけることが出来、互いの納得と理解のもとに発展的、継続的な協働(チームワーク)できる態度です。

100年時代には重要な有形資産のひとつで「生産性資産」に該当します。

意識の有無、在り方はともかく、現実には恊働が前提であるビジネスでは、自分のゴールを実現するために、相手のゴールを考慮し、相手が仕事しやすいように環境を整えることができるスキルといえます。

部下を使う立場であれば、部下本人の自己実現、部下の育成を考慮しながら、自身の目標を達成するために、部下が仕事しやすいように配慮できる態度が恒常的にとれる態度です。

世の中は結果がすべてですが、結果はプロセスの最後に過ぎません。
だからプロセスをマネジメントし、コントロールする配慮を欠かすことなく恒常的に行うことを習慣化している態度とも言えます。

また、アサーティブに注目していることから、相手が新人でも、どんなに偉い人であっても、その姿勢が変わることがないのも特長です。

変わらないのには理由があります。互いのゴールを尊重する力があるからです。
尊重を可能にするのは、互いのゴールへの使命と願望が理解できて、客観的な認識と主観的な認識の双方のバランスから根拠を導きだして行動の基本に置くことが出来るからです。

コントロールについて注意したいのですが、人をコントロールすることは不可能ですが、人が場面と関わるプロセスはコントロールできます。つまり人間の気持ちをコントロールできませんが、作業、動作はコントロールできるという意味です。

作業、動作をコントロールして、本人に気づかせることが大切です。
人の気持ちをある方向に向かわせることはできますが、大半は人の気持ちをコントロールして、作業、動作をコントロールしようとします。
それは出来ないという意味です。

ネットワークが作れない「アグレッシブ」

アグレッシブ

Photo by Simon English on Unsplash

アグレッシブ(攻撃的)は、自分のことを最優先する態度ですが、際立っているのは、自分の言い分やメリットを獲得するために、相手を言い負かそうと自分勝手な理屈を振り回したり、表向きだけ従ったり、威嚇したり、丸め込んだり、時には暴力に訴えたりするタイプです。

じぶん外の力を使うことで、強引さによって一時的には自分が勝利することも多いのですが、結果的には出来ればかかわり合いになりたくない、人が寄り付こうとしない担当者になってしまうことも少なくありません。

じぶん内の力が育む機会を自ら断ち切ってしまっているため、役職や地位から離れると無力感を味わうことになり、自己否定感が残ることになります。

実は、その自己否定感がアグレッシブ のスタートになっています。元来必要なスキルがないより、備えている場合が多いのですが、自身に否定感が強いため、アグレッシブ(攻撃的)な態度をとっている場合が大半です。

積極的に率直、誠実、対等、自己責任を取り入れることでアサーティブに変わることが可能です。

 生産性の高い人間関係が作れない「ノン・アサーティブ(パッシブ)」

ノンアサーティブ

Photo by Kristina Flour on Unsplash

ノン・アサーティブ(パッシブ/受身的)は、常に自分より相手を尊重し、自分のことや自分の立場は二の次にしてしまう態度です。

意見を伝えても主張することがなく、選択と決断を相手にまかせてしまうことが多いのが特徴的です。

相手を敬うことは大切ですが、必要以上に頭を下げたり、相手の意見をそのまま受け入れてしまうことは、

逆に相手を不安にさせるか、意味もなく尊大にさせてしまい「思い通りになる相手」と思わせます。

アサーティブから遠のいた状態を自ら作ってしまいます。

ノン・アサーティブ(パッシブ)は、とかく被害者的な立場に身を置くような結果になりがちです。

自分の扱い方を他者に教えているのが、他ならぬ自分だという意識を持つことが重要です。

自分が被害者なら加害者に置かれた者にも言い分があるということになります。

結局互いに尊重出来ない関係にしかならないというのは不毛です。

そんなことにならないように、自分を尊重することが他者を尊重することになることを忘れずにいたいものです。

>>>>  アサーティブについてはこちら

>>>>  ライフスキルについてはこちら

まとめ

100年時代のネットワークを構築するには、分散することで、目的を達成するだけでなく、お互いがスキルアップできることが大切です。

自助、互助の精神は、率直、誠実、対等、自己責任を引き受ける精神の延長にあります。

アサーティブな態度を磨くことで、100年時代の生産性資産が育まれます。

100年時代は、有形資産のみならず、無形資産が大切だと言われる所以です。

またライフシフトの移行期のパートナーを支えるパートナー資産にもアサーティブなコミュニケーションは力を発揮します。

 

LINE友だち追加LINE友だち追加

 

この記事をブックマークしますか

注目記事

愛する女性には一途でいてほしい 1

Photo by Sharon McCutcheon on Unsplash 好き避け女子の黄金律は自然な「誠実さ」にあります。 そういうキャラだから、相手にも求めます。 誠実さを見抜く力は半端ではあ ...

二重拘束 2

好き避けは一人の人の中で起こる、両極端な正反対の行動です。 これをアンビバレンス(両値性)と言います。 「好き避け」は一度に真逆の二つの感情を発進されたものを感じ取るので、受けた人はストレスを感じます ...

好き避けの謎を解決 3

好き避けする人には、それなりの理由がありますが、される方にしたら、真剣であればあるほど、対応が解らないだけでなく、深く傷つきます。 どんどんダメージが強くなり悩みは深まり、重症な場合は、身動きできず、 ...

オキシトシン 4

性欲が高まって肉体的な満足が欲しくなるのは、男性ホルモンと言われる「テストステロン」や女性ホルモンといわれる「エストロゲン」といった性ホルモンの仕業です。 恋をして愛着が高まり性欲も高まるのは、心の問 ...

塔の上のラプンツェル 5

わかってほしいのに、わかってくれる人がいないとき、人は寂しいものです。 「塔の上のラプンツェル」の主人公ラプンツェルは18年間、育ての親であるマザー・ゴーテルから、塔の外に出ることを禁じられていました ...

シンデレラ 6

出典 https://www.pinterest.jp/pin/403001866632881753/ 無心 「無心」という言葉は禅語の中でもよく知られています。 しかしその意味もかなり広範囲に解釈さ ...

好き避け女子の安全基地 7

彼に嫌われるかもと思うとドキドキして好き避けする、という人は不安傾向が強いタイプ。 彼に嫌われてしまうくらいなら、最初から関係を持たないでおきたい、と思ってしまう人は回避傾向が強いタイプ。 そんな風に ...

好き避け 8

Photo by Alexandru Zdrobău on Unsplash 不器用女子ちゃんは、波乱万丈。 5分ですむことが、1年かかることも珍しくありません。 それだけ奥が深いのかもしれません。 ...

-アサーティブ, 人間関係の仕方
-, , ,

Copyright© 不器用女子 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.